HOME>アーカイブ>家賃の滞納リスクに備える。保証会社はどんなことをしてくれるのか。

滞納リスクを保証してくれます

マンションの模型

老後の資産対策として会社員に注目されている不動産投資。不動産投資のメリットは、30年貯金してやっと買えるような物件を、ローンを利用してすぐに購入できることです。もしローンの返済期間を早めて完済できれば、その後の家賃収入は年金代わりにもなります。しかし不動産投資にはリスクもあり、その1つが入居者とのトラブルです。例えば、入居者によっては家賃を滞納する人がいるかもしれません。このような滞納リスクに対して注目されているのが家賃債務保証かもしれません。これは、家賃を滞納した入居者の代わりに、賃貸保証会社が代金を立て替えてくれるサービスです。普段は不動産のオーナーが賃貸保証会社とかかわる機会はあまりないため認知度は低いでしょう。しかし、賃貸住宅を借りるときに保証会社を利用する人が増えています。つまり、今後の不動産経営を支える上で、賃貸保証会社は重要な役割を果たす存在になりえるのです。

誰が保証会社を決めているのか

マンションの模型

何故、不動産オーナーにとって賃貸保証会社の認知度が低いかといえば、不動産仲介会社の存在があるからです。一般的には不動産仲介会社が代理店のような役割を果たし、家賃債務保証というサービスを代わって販売する仕組みです。実際に不動産仲介会社は、複数の賃貸保証会社と契約を結んでいて、その中から選んでオーナーにあっせんする形式を採用しています。つまり、不動産オーナーにとっては、あらかじめ決められた賃貸保証会社と契約する形です。ところで、賃貸保証会社を利用して賃貸住宅を借りる人が増えていることから、各保証会社では家賃保証以外にもサービスを充実させています。具体的には原状回復費や訴訟費用の負担、残置物の撤去費用など、カバーする範囲が広がっているのです。

広告募集中